スポンサーリンク

憧れのペリリューコーナー

今回5回目のパラオでした。パラオにはダイビングをしに行ったのですが、未だに行けていないポイントがあります。

その内のひとつがペリリューです。

バラフエダイやイレズミフエダイの産卵が見られるのでも有名ですが、数千匹のロウニンアジが群れているのを見ることができることでも知られています。

アジっていうと、食卓で開きになっている20センチくらいの魚をイメージする人が多いと思いますが、ロウニンアジは最大で150センチくらいにもなる大きな魚です。

ロウニン=浪人というくらいなので、普通は群れない魚です。それがペリリューコーナーというポイントにいるのは群れています。

何千匹のでっかい魚が群れているってだけでワクワクしませんか?

しませんね・・・。

僕らはワクワクするんです!

で、一度でいいから見てみたいと思い続けていたわけです。

ただ、ペリリューは流れが速いので200本くらいの経験がないとダメと言われてきました。過去に事故が起きているポイントでもあるので、やはり厳しいのです。

まあ、今回もペリリューは無理だろうと思っていたのですが、一緒になった方が「ペリリューに行きたい!」と猛アピールしてくださり、なんとボートを出してもらえることに。

僕は200本には全然至らないのですが、ある程度のダイビングのスキルがあることも認められたみたいです。

念願のペリリューコーナーのロウニンアジ

時期的なこともあってか、ボートの上から見た感じの海流は比較的穏やかでした。でも、舐めてはいけません。しっかりとブリーフィングを受けて潜ってきました。

そして、2回目のアタックで見ることができました!ロウニンアジです。

圧巻でした!数が多いので小さい魚に見えますが、それぞれ1m弱くらいの大きさはあります。それが数千匹です。

ちなみに僕らには「悪そうな奴」と呼ばれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いや〜、本当にすごかった。

流れが早いので、エキジットはみんな同時に行います。岩につかまって、「1,2の3」で一斉浮上です。比較的流れが穏やかなところで安全停止をして、みんな無事に上がることができました。

まとめ

数匹見られるだけでも「出たー!」って感じのロウニンアジを群れで見ることができるなんて、ペリリューに行けることを期待していなかっただけに、とてもよい経験になりました。

連れて行ってくださったショップのスタッフさんと、「行きたい、行きたい」とアピールしてくれた方に感謝です。

スポンサーリンク