hatonomori 1

税理士さんなんかがよくやっている事務所通信ですが、うちの事務所でもやりたいという提案をし、うちの熊谷さんに初代編集長となってもらい発行しています。

タイトルは『鳩の森』です。

創刊号は発行済で現在は第2号の原稿作りなどに取り組んでます。

スポンサーリンク


そこで今日はなぜ事務所通信を発行することにしたのか書いてみます。

ちなみに創刊号はうちの事務所の公式サイトからDLできます。→http://g-hike.com/291

コミュニケーションが上手じゃない(致命的なんですが・・・)

僕はHPから集客をしていますが、これは基本的には人とのコミュニケーションを図るのが苦手だったからという側面があります。

きっちり営業して、人とコミュニケーションを図って仕事を得るということは到底できないと思っていたから、HPでの集客を始めたわけです。

同じ理由でお客様にもこちらから連絡をしたりとかは苦手です。

もちろん、必要最低限なことはしますが「近くまで来たからこれから寄っていいっすか?」的なノリで行動ができません。

事務所通信を発行することで、そうしたコミュニケーションが苦手な部分を補完できるかなと思っております。

僕らのことを忘れないで下さい!っていう思いを込めて

行政書士の仕事はスポットが多いと言われています。

確かにそうです。でも、扱える仕事は多いので、何かの時に思い出してもらえるかもしれません。

事務所通信を継続していくことで、一度ご依頼くださったお客様との関係がそこで終わってしまうことなく、また何かの時にご連絡をいただけるのではないかと思っております。

接触頻度を高めるって効果を期待しています。

(あわよくば)紹介を期待して

定期的にちゃんと活動していることを事務所通信で伝えていければ、他のお客様をご紹介いただける可能性も高まるかなと思っております。

紹介に対するキャンペーンなんかもちゃんとしていくとこの効果はより高まるんじゃないでしょうか。

いやらしい感じにならないように、どこかのタイミングでキャンペーンを張りたいと思っております。

お客様紹介をしたい

カスタマワイズさんに外注して顧客事例の記事を書いてもらったりしています。(顧客事例はこのページみたいなやつ→http://kit-kensetsu.net/cat32/post-205.html)

いい記事を書いていただけているので、こうしたお客様の事例を別のお客様にも伝えたいなと思っています。お客様同士で繋がりを持ってもらえるところまではなかなか難しいかもしれないけど、いつかはそこまでを目指してます。

楽しみたい(これが一番大事かも)

くっだらないことなんかもやってみて記事にしていきたいと思っています。

行政書士っていう仕事柄もあるのかもしれないですが、変に真面目と思われていたりもするので、そうじゃないんだよというのもアピールしたいわけです。

どっかに行っただの、なんか食べ比べただの、自分たちも楽しめるようなことをコンテンツに入れていく予定です。

敷居の低い行政書士を目指してますんで。

まとめ

印刷やら発送やらお金は掛かるのですが、「継続は力なり」ということで、このブログでも僕が言い続けていることを事務所通信でもやってみようと思います。

継続すればどこかでキャッシュにつながると思いますんで。

そうそう、ロゴもつくりました。ランサーズで発注していいものができました。広く愛されるロゴになるよう頑張って事務所通信を発行していきます!

スポンサーリンク